乳酸菌はコレステロールを下げるのにも役立つ!

コレステロールといえば、動脈硬化の原因になるということで知られています。

コレステロール=脂質ですので、コレステロールを下げるには一般的に「油っぽいもの・脂が多いお肉などは控えるべき」とみなされます。

脂質を控えるというと、「大好きなものを食べられないの?」と思いがちですが、そうとも限りません。

コレステロールもある程度は必要ですし、害になるのは特定の条件下でのことですので、野菜などと組み合わせて食べることで、その害を最小限にすることができます。

また、近年注目されている乳酸菌を代表とする腸内細菌も、食事を通じて摂ることで、コレステロールを下げる働きがあることが分かってきています。

コレステロールとは

コレステロール自体は、細胞膜やホルモン・胆汁酸のもととなるため、体には必要なものです。肝臓で作られる他、食べたものからも作られています。

コレステロールを多く含む食品としては、脂の多い肉・洋菓子・ポテトチップス・卵黄・乳製品などが挙げられます。

何でもとりすぎは良くないですが、ある程度は体に必要であるため、コレステロールを含む食品も控え過ぎはよくありません。

ただし、コレステロールが過度に増えると、血管をつまらせて動脈硬化につながります。

遺伝や病気などで増えてしまうこともありますが、食事などの生活習慣が原因の場合は改善の余地があります。

関連記事をチェック!

キチン・キトサンオリゴ糖とは?

体内にある余分な糖質や脂質を排出するのを助けてくれることで知られているキトサン。そのダイエット効果が高いことで注目されていますよね。 そのキトサンとオリゴ糖が合わさってより健康によさそうですが、...

キチン・キトサンオリゴ糖とは?

関連記事をチェック!

ヤクルト400(シロタ株乳酸菌)の効果、効能

ほとんどの方が飲んだ経験があるかと思いますが、たった80mlのあの小さなパッケージの中にものすごい量の、とても高い質の乳酸菌が含まれているのです。 ここではそのヤクルトに含まれているシロ...

k

コレステロールと病気

コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、このうち動脈効果を引き起こすのは悪玉コレステロール(LDL)です。

さらに動脈硬化にともなって、以下のような病気に発展することもあります。

  • 脳梗塞
  • 狭心症
  • 心筋梗塞 など

コレステロールが高くても、健康診断で指摘されるまで、無自覚ということは多いようです。

上記のような病気に発展させないためにも、定期的に健康診断を受け、かつ食事に気をつけたいものです。

コレステロールを下げる食品

コレステロールを下げる食品については以下のようなものが挙げられます。

  • 青魚
  • オリーブオイル
  • 大豆製品
  • 緑黄色野菜
  • 海藻

これらを考え合わせると、和食・野菜中心の食事がおすすめということになりますが、すべてを守るのは難しいかもしれません。

そこで、コレステロールを増やさないと同時に、「腸内環境」に注目して、コレステロールを排出する食事を取り入れてみましょう。

実はコレステロールを腸で絡め取り、排出してくれる働きのあるものがあるのです。

乳酸菌・ビフィズス菌

腸内環境を整える働き

乳酸菌やビフィズス菌は、食物から取り入れることで腸内で「善玉菌」として働きます。善玉菌とは、主に大腸で腸内環境を良くする作用がある菌のことです。

腸内を酸性に保ち、消化や排泄等、腸本来の活動がスムーズになるように作用します。

コレステロールを排出

さらにこの乳酸菌やビフィズス菌は、腸内環境を整えるだけでなく、腸内でコレステロールに付着して、一緒に体外に出るのです。

結果的に、コレステロールを下げる働きも果たしてくれるのです。

ところで、乳酸菌やビフィズス菌と言えば乳製品ですよね。ヨーグルトを一番に連想される方も多いと思います。

コレステロールを下げるために、乳製品を控えている方は戸惑うかもしれません。

しかし、ヨーグルトは乳製品の中ではコレステロールが低い食品です。むしろ、摂ることでコレステロールを下げる働きがあるのです。

関連記事をチェック!

【これだけは抑えておきたい】乳酸菌の種類と特徴

乳酸菌と言ってもたくさんの種類があります。その数は200種類以上で、私たちがヨーグルトなどで目にしている乳酸菌はごく一部という事がわかります。 乳酸菌はそれぞれ特徴も違います。乳酸菌の種類と特徴...

【これだけは抑えておきたい】乳酸菌の種類と特徴

関連記事をチェック!

長寿の秘訣 健康効果がすごいクレモリス菌

クレモリス菌とは ブームになったカスピ海ヨーグルトをつくる乳酸菌がクレモリス菌です。 世界三大長寿地域のひとつカスピ海と黒海の間のコーカサス地方から京都大学の家森幸男先生が持ち帰ってきて、友人...

長寿の秘訣 健康効果がすごいクレモリス菌

食物繊維

上述の善玉菌に次いで、おすすめしたいのが食物繊維です。その中でも水溶性食物繊維は、コレステロールや胆汁酸を体外に排出する働きがあります。

水溶性食物繊維の代表としてはワカメなどの海藻類が挙げられます。関連記事ではその他水溶性食物繊維の例を詳しく解説しています。

関連記事をチェック!

腸内環境を整える野菜【食物繊維の種類と色、温度】

みなさんは、野菜には水溶性食物繊維、不溶性食物繊維の2種類あることを知っていますか? この2つの違いを理解せずに食物繊維を摂取すると、逆に腸の状態を悪くしてしまい、便秘を悪化させてしまう...

429

関連記事をチェック!

食物繊維は乳酸菌のエサ?乳酸菌摂取するさいに抑えておきたいこと

今日の朝食はパンとバナナヨーグルトを食べました。いい組み合わせでしょ おお、すばらしい。乳酸菌と食物繊維の相乗効果が腸に効きますよ!食物繊維は乳酸菌の働きを倍増すると言われます。 炭水化物の一...

食物繊維は乳酸菌のエサ?乳酸菌摂取するさいに抑えておきたいこと

大切なのは食の組み合わせ

コレステロールを下げるためにもう一つ、大切にしていただきたい視点があります。それは抗酸化作用のある食べ物を摂るということです。

腸や健康に関する多くの著書で知られる藤田紘一郎氏は、「腸をダメにする習慣、鍛える習慣」(ワニブックス)の中でこう語っています。

「コレステロールは心筋梗塞や脳卒中を起こさせる悪玉とされ、その摂り過ぎが問題視されるのです。

しかし、ここには大事なことが見落とされています。LDLコレステロールが悪玉と化すのは、活性酸素と結びついた時です。

実は悪玉コレステロールが害をなすのは活性酸素と結びついて過酸化脂質に変化する時だけなのです。

この過酸化脂質こそが本当の悪玉なのであり、血管を傷つけ、ボロボロにするのです。」

活性酸素とは

活性酸素とは、体内に侵入したウィルスや細菌を退治する免疫機能の一部ですが、一方で酸化することで細胞を錆びさせ障害をおこします。

これに対抗することを「抗酸化」、そしてその力を持つ食品のことを「抗酸化食品」と呼びます。

抗酸化食品には魚介類など、動物性のものもありますが、同氏は植物性の抗酸化食品を積極的に食卓に取り入れることを勧めています。

その理由としては、植物性の食品は「フィトケミカル」と呼ばれる強い抗酸化作用を持つ物質を含むことが指摘されています。

関連記事をチェック!

顔の吹き出物(ニキビ)は腸内環境が原因だった?

仕事が忙しくなったり、帰りが遅くなったり、生活が不規則になると出てきがちな大人のニキビ。しかも年齢を重ねるほどに顔にできたニキビの跡が消えにくくなる、そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか...

顔の吹き出物(ニキビ)は腸内環境が原因だった?

関連記事をチェック!

腸内環境と水の関係

私たち人間の身体は、その60%以上が水分。だからこそ、水分不足は身体にさまざまな変調を来たすのです。腸内環境も例外ではありません。 腸内環境の良し悪しと水分摂取量には深い関連性があります。ですの...

腸内環境と水の関係

フィトケミカル

植物は炭酸ガスを吸って、酸素を出すという性質があります。その際、酸素は活性酸素に変質しやすく、人間と同じく、活性酸素の害にさらされています。

それに対抗するため、植物自体が抗酸化作用のある「フィトケミカル」という化学物質を含んで、対抗しているのです。

人間が食事で「フィトケミカル」を含む植物性の食品を取り入れることは、コレステロールの害を最小限に抑える防御策と言えます。

関連記事では、フィトケミカルの食品の例について解説しています。

関連記事をチェック!

50歳をこえて腸内環境を整えたい人は肉を食え!

年齢を重ねると人は肉を食べなくなります。 「若いころはあんなに好きだった肉も今は全然食べたくない」 そう感じている人も多いのではないでしょうか? 実際、厚生労働省の『国民健康・栄養調...

FireShot Capture 24 - 食肉の消費動向について|農畜産業振興機構 - https___www.alic.go.jp_koho_kikaku03_000814.html

関連記事をチェック!

肉類は腸内環境との相性がよくないのか

実家に帰省したとき「ぷ~」っておならをすると よく母親から「くさい~~~!なんか変なものばっかりたべてるんじゃないの、肉ばっかりとか食事が偏ってんじゃない?」とよく言われておりました。 いやう...

肉類は腸内環境との相性がよくないのか

さいごに

人の体に必要不可欠なコレステロールですが、同時にためすぎると大きな病に発展します。

脂の多い食事が大好きという方は、無自覚のうちにコレステロールが溜まる体質になっているかも知れません。

乳酸菌やビフィズス菌はサプリメントでも摂ることができますし、野菜や果物の持つ抗酸化作用の力を借りて、食卓に工夫をしてみましょう。

サブコンテンツ

すっきりする乳酸菌サプリメント

このページの先頭へ