腸内環境を整える1日とは

みなさんは、1日の中で自分の腸内環境のために、どれくらいの時間を使っていますか?

腸内環境の状態は、食事生活習慣に大きく影響されています。

ですので、毎日の生活でどのくらい腸内環境に気を使っているかは重要です。

今回は、腸内環境を整えるために、1日のうちに出来ることをご紹介します。

今すぐにでもはじめられる工夫も紹介するので参考にしてください。

1日で簡単にできる工夫

まず、普段の生活の中で腸内環境を整えるために工夫できることを洗い出しました。

日々の生活の以下のことを工夫できると良いです。

自分の生活を振り返って、何個工夫できているかチェックしてみましょう。

1日で簡単に出来る工夫

  • 食事
  • 水分の摂取
  • 運動
  • 入浴
  • 睡眠

みなさんは、いくつ工夫できていましたか?

毎日の生活でこれらことについて工夫すると腸内環境を効率的に整えられるでしょう。

ここからは、各項目について詳しくご説明します。

食事で善玉菌を活性化

みなさんは、毎日の食事にどのくらい気を使っていますか?

忙しいとつい疎かにしてしまいますが、1日3回も工夫する機会があるので影響は大きいです。

ここでは、食事で補える腸を整える成分や、ちょっとした工夫についてご紹介します。

腸を整える食品を食べる

cooking_mama

食事は、腸内環境を整える上でもっとも重要なことです。

食事によって腸内の善玉菌を増やしたり、腸のぜん動運動を活性化させたりできます。

毎日の食事で心がけたいのは、善玉菌を含んだ発酵食品を食べることです。

発酵食品は、腸内の善玉菌を増やしたり、活性化したりするのに役立ちます。

また、善玉菌の活動を助けたり、便のかさ増しをしたりするオリゴ糖食物繊維も摂りたいです。

簡単!ヨーグルトを毎日食べる

character_yogurt

ヨーグルトを食べることは、気軽に善玉菌を摂る方法としてオススメです。

ヨーグルトを100グラム摂取すれば、1日に必要とされる乳酸菌量をまかなえるという説もあります。

先ほどオリゴ糖が善玉菌を活性化するとご紹介しました。

ヨーグルトに含まれているビフィズス菌は、オリゴ糖と相性が良いので是非一緒に摂りたいです。

ヨーグルトについては以下の記事でご紹介していますので参考にしてください。

関連記事をチェック!

腸内環境をヨーグルトで改善【夜に食べると効果的】

ヨーグルトは、腸内の善玉菌を増やす効果があり、腸内環境の改善に効果的です。 そんなヨーグルトですが、非常に多くの種類と効果があり、どれを選べばよいのか困っている方もいらっしゃるのではないでしょう...

腸内環境をヨーグルトで改善【夜に食べると効果的】

1日断食で腸を簡単リセット

syokuji_hashi_blank_woman

短期間の断食では、腸にたまった便をいったん全て排出します。

そして、腸に何もない状態を作った上で、腸に良い食事を摂って腸内環境を整えます。

美容やダイエットへの効果も期待できるため、近年プチ断食はちょっとしたブームになっています。

ただし、断食の有効性については、専門家の間でも意見が別れています。

また、一歩間違えると体調を崩したり、場合によっては命を危険にさらしたりすることになります。

断食については、以下の記事でご紹介していますので参考にしてください。

関連記事をチェック!

腸内環境をリセットするための断食は2種類

腸内環境をリセットするために、断色をすることが流行しています。 そのやり方は様々で、全く食べ物を口にしない方法があれば、ヨーグルト、バナナだけを食べる方法もあります。 腸内環境を整...

379

水は1日1.5リットル

medicine_cup_water

食事に続いて、水の摂取も工夫しがいがあります。

腸内環境を整える上で、水分を摂取することは重要です。

なぜなら、水の摂取不足は便秘の原因になるからです。

便秘になると、腸内環境が悪化していきます。

1日の水摂取量の目安は、1.5リットルです。

その他にも、水は質、飲むタイミング、飲み方なども工夫できます。

詳しいことは、以下のサイトで紹介していますので参考にしてください。

関連記事をチェック!

腸内環境は水で変わる!

腸内環境を整えるためには、毎日十分な量の水を摂取することが必要です。 なぜなら、水の摂取不足は便秘を引き起こし、腸内に便がたまることで腸内環境が悪化するからです。 また、水を積極的に摂取す...

bottle_water

運動は寝る前がオススメ

dumbbell_woman

1日のうちに簡単なものでも良いので運動をすることをオススメします。

運動は、腸のぜん動運動を活発にしたり、排便に必要な筋力を鍛えたりするのに効果的です。

また、適度な運動は睡眠の質を上げるのにも役立ちます。

ですので、夕食前や、就寝前に軽い運動をすると良いです。

デスクワークなどに従事している方は、運動不足になりがちです。

運動不足は便秘の原因にもなりますので、1日のスケジュールに積極的に取り入れましょう。

腸内環境を整える運動については、以下の記事でご紹介していますので参考にしてください。

関連記事をチェック!

腸内環境を整える運動は毎日がカギ

私たちの健康に重要な役割を果たしている腸内環境。 腸をケアする方法として「適度な運動」がよくあげられていますが、適度とは具体的にどの程度の運動を指すのか、腸内環境を整えるに効果的な運動は...

6836

入浴は38~40度のぬるま湯

furo_woman

続いて入浴方法も工夫できるポイントです。

お風呂の設定温度は38~40度のぬるま湯がおすすめです。

なかには、熱めのお風呂やシャワーを好む方もいるとは思います。

しかし、熱めのお湯は、交感神経を高めてしまい睡眠の質が落ちる可能性があります。

ですので、夜間の入浴はぬるま湯にしておきましょう。

この温度で15分ほど入浴すると睡眠の質が向上します。

さらに、先ほど運動についてご紹介しましたが、お風呂の中で出来るストレッチもオススメです。

関連記事をチェック!

腸温活とは?

「腸温活」って知ってますか?その名のとおり、腸を温めるために色々なことをして、腸や全身の調子を良くする活動のことです。 女性に多い手足がひんやりとする冷え性以外に、みぞおち付近を触るとほんのりと...

腸温活とは?

質の高い睡眠を目指す

suimin_woman

先ほどから、睡眠の質について少し触れていますが、腸内環境にとって睡眠は非常に重要です。

なぜなら、腸の働きが活発になるのは、私たちが眠っている夜間だからです。

腸の働きは、自律神経の一つである副交感神経に影響されるのですが、副交感神経はリラックスしているときに活動する神経です。

ですので、夜間の睡眠の質を高める工夫が必要です。

睡眠時間は、最低でも6時間は確保したいところです。

また就寝のタイミングは、日々の忙しさに左右されやすいですが、平日と休日の就寝時間に差が出ないように工夫すると良いでしょう。

まとめ:毎日の継続が大切

1日の中で、腸内環境を整えるために出来ることは案外たくさんあります。

そして、多くの方が今回ご紹介した工夫の全てを実践できてはいないでしょう。

一見簡単そうでも、毎日これらの工夫を実践するのは難しいです。

しかし、腸内環境を整えるためには、毎日の継続が大切です。

自分が出来ることから、少しずつ工夫して、長期間続けてみてください。

本サイトには、腸内環境に関する様々な情報が掲載してありますので、参考にしてください。

関連記事をチェック!

腸内環境を整える食べ物は3つ

腸内環境を整えるために、腸内細菌のバランス、食物繊維の摂取、腸粘膜を健康な状態にしておくことも重要です。 今回は腸内環境を整える食品についてご紹介します。 [article lin...

totonoe
サブコンテンツ

すっきりする乳酸菌サプリメント

このページの先頭へ