胃酸にも負けない 高生存率の乳酸菌be80株

BE80菌とは

ビフィドバクテリウム属(ビフィズス菌)のアニマリス亜種ラクティス種に分類されます。

ビフィズス菌はもともと人の腸内に1番多く生息はしていますが、食品から体内に取り入れたビフィズス菌はほとんどが強い酸である胃酸や胆汁酸などで死滅してしまい、胃から十二指腸を通過しているあいだに死滅してしまい、生きたまま大腸まで届くのはほんのわずかです。

私たちの腸内環境を整えるには、ビフィズス菌が生きたまま腸にたどりつくことが重要です。そこでダノンが独自に開発してつくり出されたビフィズス菌がBE80株です。

BE80菌の最大の特徴は「高生存ビフィズス菌」ということです。すなわち強い酸にも耐えられるということです。

最近は「生きたまま腸に届く」ということは常識といっていいくらい、いろいろなビフィズス菌や乳酸菌でも言われています。ではBE80菌は他のビフィズス菌と何が違うのでしょうか?

関連記事をチェック!

ビフィズス菌の効果,効能について調べてみました

ビフィズス菌と聞くと乳酸菌の仲間?ヨーグルトに入っている?と思われますが、乳酸菌の仲間ではありません。 1899年にフランスのパスツール研究所のティシエが健康な母乳を飲んでいる乳児の糞便...

bif

胃での生存率アップ

私たちの胃は外から入ってきた細菌を死滅させるために強い酸性(ph1~1.5)になっています。乳製品などに入っている良い菌でも胃酸でほとんどが胃酸で死滅してしまいます。

BE80菌はその強い胃酸でも生き延びることができる、生命力の強い菌です。

そしてさらにすごいことは、普通のビフィズス菌や乳酸菌入りのヨーグルトなどの乳製品は、容器保存がきちんと保たれていても、製造から出荷、消費者の手に渡るまでのあいだに徐々に菌数は減っていきます。

しかしBE80菌は賞味期限になってもヨーグルトの中のビフィズス菌の数がほとんど変わらないという特徴があります。ビフィズス菌の数が減らないのは、BE80菌の生命力が強いからです。

食べたあと胃の中で生存するビフィズス菌の数もBE80菌は他のものと比べても多いです。

実際にBE80菌と他のビフィズス菌入りヨーグルトを食べ比べたところ、90分後の胃の中でのビフィズス菌生存率に1万倍の差があったとも言われています。

私たちの胃の中は空腹時がph1で、食事中はph4~5にはなります。それでも胃の中は酸性ではあるので、BE80菌は酸性に強い菌といえます。

便の通過時間が短縮

普段私たちが食べた食べ物は24~72時間以内には便として排せつされます。小腸で栄養素が吸収されて大腸に入ってきたときは、始めはお粥(かゆ)状のどろどろです。

そこから徐々に水分が吸収されて形になり便となって排せつされます。大腸の中にたまる時間が長くなってしまうと、便の水分はどんどん吸収されてますます出にくくなります。

便が長期間たまると、有害物質が発生し血液を通って全身をめぐり肌荒れなどの原因にもなります。停滞時間が長くなれなるほど大腸がんなどの病気も引き起こしやすくなります。

BE80菌を摂ると消化された食べ物が腸を通る時間が40%も短縮されます。さらにBE80菌を食べる量を増やすとよりしっかりと感じられます。

ただしBE80菌は毎日摂るとスムーズにでますが、やめてしまうとまた戻ってしまいます。

腸を通る時間が短くなるということは便秘解消になり、便秘時のおなかが苦しい状態もなくなりますが、有害物質の発生も抑えられるので肌荒れや病気の予防にもつながります。

女性や高齢者は腹筋が弱いため男性に比べると便を出す力が弱いです。さらに食事量が少ないと量がすくないのでより大腸でたまっている時間が長くなります。便が出にくい女性や高齢者におすすめです。

食後の膨満感を解消

BE80菌は便秘型過敏性腸症候群にも良いです。便秘型過敏性腸症候群は若くて痩せている人に多く、腸が長く折れ曲がっているため便秘や下痢、腹痛などを起こす症状です。

便秘型過敏性腸症候群の人は食事の後に腹部が膨張します。

食事の後におなかが膨らむのは食べ物を食べたからもありますが、腸の中の悪玉菌が食べ物を分解するときにガスを発生させるためです。

便秘型過敏性腸症候群がなくても、ストレスがあり自律神経が乱れる、普段の食事がお肉中心やスイーツが多く野菜が少ない、高タンパク質、高脂肪食は悪玉菌のエサとなりやすいためガスが発生して膨満感があります。

BE80菌を摂ることにより、善玉菌が増え腸内環境のバランスが整うため腹部膨満感が減少します。

実際に便秘型過敏性腸症候群がBE80菌を毎日125g×2個ずつを4週間続けた結果、腹部膨満感が減少しています。

働き

BE80菌は他のビフィズス菌や乳酸菌と違い、免疫力強化や花粉症予防などはありませんが、まずはスムーズに便を出すという便秘予防、解消に特化した菌です。

BE80菌により腸内環境を整えていくためには、毎日100g以上2~4週間続けることが重要です。食品なので、やめてしまうとまたすぐに戻ってしまうので、継続することが大切です。

関連記事をチェック!

腸まで届く乳酸菌とは?

ヨーグルトやサプリに「生きて腸まで届く」というキャッチコピーが付けられているのを見たことはありませんか? ヨーグルトやサプリに含まれている乳酸菌は、腸内環境を整えるのに役立つことで知られています...

腸まで届く乳酸菌とは?
サブコンテンツ

すっきりする乳酸菌サプリメント

このページの先頭へ