酵素を取り入れるだけで体も美しなる!続けたい便秘解消法

「便秘解消に酵素がいい!」

という話を聞いたことはありますか?

そう聞いて、すぐに思い浮かぶのは酵素ドリンクのみで過ごす「プチ断食ダイエット」かもしれません。

「プチ断食ダイエットで宿便をスッキリさせる。」

そのやり方も悪くはありませんが、ただ何も食べないで過ごすだけでは満足にいく、あのスッキリ感を得ることはできません。それに普通に生活していく中で、なかなかプチ断食に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

実は毎日の生活に上手に酵素を取り入れるだけでも効果があるんです。では酵素とはなんでしょうか。その働きと腸に及ぼす影響を見てみましょう。

プチ断食ダイエットとは?

山にこもって断食をするようないわゆる「断食」とは違い、「1日だけ」「週末だけ」など短い期間を決めて、その間は飲み物だけで食べ物を我慢する断食方法。

酵素ドリンクを使ったプチ断食ダイエットでは、断食中に酵素ドリンクを飲んで過ごす。決まったルールが存在する訳ではなく、おなかがすいたら、フレッシュジュースや豆乳などは摂取OKにするなど、自分なりのルールで行う。

関連記事をチェック!

腸内環境をリセットするための断食は2種類

腸内環境をリセットするために、断色をすることが流行しています。 そのやり方は様々で、全く食べ物を口にしない方法があれば、ヨーグルト、バナナだけを食べる方法もあります。 腸内環境を整...

379

酵素が腸の働きをよくするメカニズム

酵素はお薬ではありません。もともとは消化酵素や代謝酵素と言われ体内にも存在するくらいです。そして、食品から摂取することのできる食物酵素があります。

キムチや納豆などの発酵食品や新鮮な果物、野菜、さらには海鮮食品にもあります!

では酵素は一般的にどんな働きをしているのでしょうか。酵素は「消化酵素」「代謝酵素」という名前からわかるように消化吸収、新陳代謝に深く関わっています。

消化吸収。つまり、口から摂取したものが分解され吸収されていくためには酵素の働きが欠かせません。

例えば唾液にもアミラーゼという酵素があってデンプン質を分解しています。胃でも腸でも同じように、いくつかの酵素が働いてそれぞれの栄養素を分解しているんです。

新鮮な果物などは、果物自体に含まれている酵素で、ある程度まで消化を終えることができますし、一緒に摂取した食品の分解・吸収を助ける果物もあります。

このように酵素には分解、吸収を助ける作用があり、腸の中に老廃物をため込まない助けになります。

腸の中に老廃物が長く滞在してしまうと悪玉菌が増えてしまいます。

酵素の働きにより、分解・吸収が迅速に行われていくと悪玉菌が増えずに善玉菌が優位な状態を保(たも)てるのです。すなわち、腸の調子が整えられていくんですね。

酵素を取り入れて便秘を解消

便秘を解消するために酵素をどんどん取り入れたいところですが、実は酵素を取り入れる順番がとても大切なのです。消化しやすいもの、消化を助けるものを初めに取り入れることで、すべての栄養素を効率的に吸収できるほか、腸の負担を減らすことができるからです。

これを「ファースト酵素」と呼んでいきましょう。

ファースト酵素は朝食時に積極的に取り入れてください。1日の始まりに、少なくとも午前中にしっかり酵素を取り入れることで、1日の中で食べたものを効果的に分解吸収できるんです。

「朝からそんなに時間がない」

という方は、朝食前に市販の酵素ドリンクを飲むことを習慣にしてもよいでしょう。

朝食に少し手をかけることができる方は、グリーンスムージーなどを朝食前に飲む習慣を身に付けると良いかもしれません。できる女子は便秘解消もレシピのヒントにします。

新鮮できたてホヤホヤのうちに摂取を

野菜や果物に含まれる酵素は加熱すると無くなってしまうので、長時間放置することで少なくなるものがあります。だから新鮮なうちに食べてしまうのが良いです。

また、純和食の朝食もとても良いんです。できればご飯を半分、押し麦などに変えてみましょう。

純和食の朝食といえば、発酵食品を取り入れることも効果があります。純和食は、酵素がたくさん摂(と)れる朝食メニューの筆頭です。

和食にみられる発酵食品

  • 豆腐の入ったおみそ汁
  • 納豆
  • ぬか漬け

関連記事をチェック!

【最強】納豆は乳酸菌より体にいい?納豆菌とは?

今回は、乳酸菌と同じく体に良いと言われる納豆菌について紹介していきます。 納豆菌の力はあなどれず、以下のようなさまざまな働きで私たちの体を健康にしてくれます。 乳酸菌やビフィズス菌などの...

【最強】納豆は乳酸菌より体にいい?納豆菌とは?

洋食派の方はオールブランにフレッシュフルーツをたっぷり、ヨーグルトと一緒になどの工夫が考えられますね。

また「朝に何を食べるか」だけではなく「毎度の食事の始めに何を食べるか」も大切にしてください。

つまり、朝食に頑張ってたくさんの酵素を摂ったからといって安心しきってはいけません。昼食時にも夕食時にも、初めの2、3口では酵素を含む食品を摂るようにしましょう。

合言葉は「毎回の食事にファースト酵素」です。

  • 「フルーツはデザート」なんて決めてしまわないで最初に少しフルーツを食べる
  • キムチやぬか漬けなどを1,2口食べる
  • サラダを食べる

何でもいいので、始めに食べるものに気をつけてください。

食前に酵素ドリンクを少し飲むことを習慣づけ、外食が多い方などは酵素がタブレットになっている商品を携帯して食事前にさっと摂るようにすると便利です。

酵素の効き目はジワジワと、あきらめずに続けることが肝心

「酵素を摂ると一気に便秘解消」、とは残念ながらなりません。

通常の生活に酵素を取り入れていく場合は、即効性を期待できません。はじめにも言いましたが、酵素は薬ではありません。

酵素には「腸の環境を悪くする原因の分解を助ける役割」しかありません。腸内環境が整っていくには少し時間がかかります。

あと、酵素を含む食品で、また食物繊維も豊富な食品を摂るようにすれば効果が上がります。

酵素で便秘を解消するには、焦らず、あきらめないで続けることが大切です。

また、酵素には便秘解消だけでなく、ダイエット効果や肌をきれいにする効果もありますから、いろんなところに目標を置きつつ気長に続けてください。

この記事の筆者

深山佳代(仮名)
1978年生まれのアラフォー主婦。若いころから便秘持ちで食事改善、漢方、ツボ押し、薬など、トライした改善方法は数知れず。便秘に「苦しむ」「悩む」「だから調べる」を繰り返しているうちに、専門家も真っ青な便秘への知見を身につける。元の趣味はネイルだったが、悲しいかなトイレ周りの環境を快適化させるのが現在の趣味に。この世からなくなった生きていけないものは「ウオッシュレット」。TOTOの株主。

サブコンテンツ

すっきりする乳酸菌サプリメント

このページの先頭へ