ヤクルトを飲めば、腸内フローラは改善されるのか【体にいい?】

「おなかにいいものは?」と聞かれると、ヨーグルトを思い浮かべる方が多いと思います。一方、ヤクルトと答える人も多いかもしれません。

おなかにいいから飲みなさいと小さい頃よく言われたのではないでしょうか。

ヤクルトがおなかにいい理由、腸に与える影響についてまとめてみました。

ヤクルト菌は胃酸に負けない強いヤツ

ヤクルトに入っている乳酸菌は正式にはラクトバチルスカゼイシロタ株と言いますが、通称ヤクルト菌と呼ばれています。

普通の乳酸菌は胃酸や胆汁などの消化液によって殺菌されてしまうのですが、ヤクルト菌は胃酸や胆汁に殺されないように強化培養された菌です。

つまり生きたまま腸に到達することができるので、腸で善玉菌として存分に働くことができます。

さらにヤクルトにはたくさんのヤクルト菌が含まれているので、それだけ多くの乳酸菌を腸に届けることができます。

生きたまま腸に届く乳酸菌も一部は死んでしまうので、たくさんの乳酸菌を少量のドリンクで摂ることができるヤクルトは効率的に乳酸菌を摂ることができるんです。

乳酸菌は悪玉菌よりも弱いので、毎日摂らなければどんどん減ってしまいます。1日に必要な乳酸菌を摂るためにはヨーグルトだと200~300g必要と言われています。

500g入りのパック半分相当の量を毎日食べるのは大変ですね。それをヤクルトであれば、1日1本で足りるので簡単に毎日乳酸菌を摂り入れることができます

ちなみに生きたまま腸に届いて身体に良い働きをする菌のことを「プロバイオティクス」と呼んでいます。

関連記事をチェック!

プロバイオティクスとは?

腸内環境について詳しく調べていると、たまに「プロバイオティクス」という言葉を目にします。 カタカナの用語ってどうもすんなり頭に入ってこないものですが、実はこれらは私たちの生活を非常に豊かにする機...

プロバイオティクスとは?

ヤクルト菌が良い腸内フローラをつくる

太りやすい体質や糖尿病など生活習慣病の元となる可能性もあるバランスの良くない腸内フローラの中は、悪玉菌でいっぱいです。

関連記事をチェック!

腸内フローラとは腸内細菌の生態系

便秘に悩む日本人は昔よりもずっと増えていると言われています。女性に多い印象のある便秘ですが、今では男性にも多くなっており、日本人全体で500万人もの便秘人口がいると言われているそうです。 そうい...

腸内フローラとは腸内細菌の生態系

ヤクルトを飲むことによって腸の中に善玉菌であるヤクルト菌がたくさんいる状態になると、腸の中が酸性に傾きます。

酸性条件下では悪玉菌が住みつきにくくなるので、今いる悪玉菌は追い出されヤクルト菌が住むようになります。

腸内細菌の数は全部合わせて一定なので善玉菌が増えれば悪玉菌が減るというルールがあり、ヤクルト菌がたくさんいれば悪玉菌は少なくなるんです。

そしてヤクルト菌がたくさんいる腸には新たな悪玉菌は定着しにくいので、善玉菌が優勢の状態を維持することができるということですね。

善玉菌が優勢であれば腸内フローラは良い状態であり、太りにくい体質や病気や外からの菌への抵抗力が高い身体を維持することができるんです。

ヤクルトを飲むと二重の効果で便秘改善

ヤクルトを飲むことで、常に良い腸内フローラがあれば、腸は正常に働くことができます。環境の整った腸内では、食べ物が腸の中で腐敗することなくスムーズに便が出ていきます。

腸の中を美しく保つことができれば、ガスや便秘でおなかが張らないだけではなく、口臭や体臭を予防することもできますね。

そしてヤクルト菌は腸の中で乳酸を生み出してくれます。乳酸は腸を刺激するため、食べ物を校門の方へ運ぶぜん動運動が活発になり便通の改善につながります。

つまりヤクルトを飲むと良い腸内フローラを維持できるので、便通がよくなるだけではなく、ヤクルト菌が生み出す乳酸の力によっても便秘を改善することができるんです。

便秘に悩んでいる方は1日1本のヤクルトを飲む習慣をつけてみると良いかもしれませんよ。

関連記事をチェック!

ヤクルト400(シロタ株乳酸菌)の効果、効能

ほとんどの方が飲んだ経験があるかと思いますが、たった80mlのあの小さなパッケージの中にものすごい量の、とても高い質の乳酸菌が含まれているのです。 ここではそのヤクルトに含まれているシロ...

k

関連記事をチェック!

生きて腸にたどりつく乳酸菌 乳酸菌シロタ株

乳酸菌シロタ株とは 乳酸菌シロタ株とは別名「ラクトバチルス カゼイシロタ株」「L.カゼイYIT9029」とも言われています。 一度は口にしたことがある乳酸菌飲料「ヤクルト」に使用されて...

aaa

まとめ:毎日1本のヤクルトを

ヤクルトを飲むことで、腸の中は善玉菌が優勢となり腸内フローラは良い状態を保つことができます。

しかし現代人の多くは肉を中心とした洋食が中心となった食生活を送り、運動不足やストレスに晒(さら)されるなど悪玉菌が増えやすい環境にあります。

それでなくても年齢を重ねるだけで悪玉菌は優勢となるので、常に善玉菌を意識して補充する必要があります。

ヤクルト菌が良い腸内フローラを維持するためには、毎日1本のヤクルトを飲むことが大切なんですね。そしてせっかく飲むのであれば「ヤクルト400」を飲みましょう。

普通のヤクルトの中に入っているヤクルト菌は約150億個ですが、ヤクルト400には約400億個のヤクルト菌が含まれています。ヤクルト400は宅配専用商品でヤクルトレディーからしか購入できないようです。

ヤクルトを飲む時の注意点が一つあります!それはヤクルトを温めないようにしてください。ヨーグルトを温める食べ方はあるようですが、ヤクルト菌は37℃以上になると死んでしまいます。

冷蔵庫で保管して、冷たいままか常温で飲むようにしてくださいね。毎日の習慣にヤクルトを取り入れて、キレイな腸内フローラを維持しましょう!

なお、ヤクルトを飲んで乳酸菌を摂取するのも大事ですが、生活習慣を根元から改善することはもっと大事です。そうでないと、一生ヤクルトに頼ることになるわけですから。

以下に生活習慣の見直しができる記事を用意しました。興味ありましたらぜひ読んでください。

関連記事をチェック!

腸内環境を整える方法は4つある

私は1990年初めから20年間ほど腸内細菌と腸の粘膜免疫に関して研究してきました。 腸は、食物の消化吸収をするだけでなく、さまざまな外部環境に対応するための仕組みを備えているため、とても...

totonoe

関連記事をチェック!

腸内環境を整える1日とは

みなさんは、1日の中で自分の腸内環境のために、どれくらいの時間を使っていますか? 腸内環境の状態は、食事や生活習慣に大きく影響されています。 ですので、毎日の生活でどのくらい腸内環境に気を...

furo_woman
サブコンテンツ

すっきりする乳酸菌サプリメント

このページの先頭へ