森永ビヒダスBB536とは?効果、効能、口コミ

image1 (2)

今回ご紹介するのは、森永乳業株式会社が製造・販売している「森永ビヒダスBB536」という商品です。

BB536菌はビフィズス菌の1種で、日本ではじめて食品に利用されたビフィズス菌です。

今回はBB536菌の特徴や、サプリメント版とヨーグルト版の違いなどに触れながら、森永ビヒダスBB536についてご紹介していきます。

まずは商品の特徴から見ていきましょう。

独自開発のカプセルを採用

カプセルが菌を酸から守る

taisannsei

※商品公式hpより

森永ビヒダスBB536は、森永社が独自に開発した耐胃酸カプセルによってコーティングされています。

一般的にビフィズス菌は酸や熱に弱く、体内では胃酸や胆汁酸に負けてしまい腸まで到達するまでに死滅してしまいます。

関連記事をチェック!

腸まで届く乳酸菌とは?

ヨーグルトやサプリに「生きて腸まで届く」というキャッチコピーが付けられているのを見たことはありませんか? ヨーグルトやサプリに含まれている乳酸菌は、腸内環境を整えるのに役立つことで知られています...

腸まで届く乳酸菌とは?

そこで森永社は、菌が死滅しないように胃酸に耐えられるカプセルを開発し、その技術がこのサプリメントに採用されています。

一般的な菌はPh4.0以下の環境では生きていけませんが、森永ビヒダスBB536はPh2.5の酸性溶液を利用した実験で耐酸性が検証されています。

小型だから飲みやすい

特殊コーティングカプセルを使用することで、腸までビフィズス菌が生きて届く確率は格段に向上します。

ですが、錠剤やタブレット剤と比べると、カプセル剤は飲み込みにくいと感じる人が多いことも事実です。

森永ビヒダスBB536は、小さめのカプセルを採用することで、カプセル剤でありながらも飲みやすさを追求しました。

喉が引っ掛かりやすい方にも、スムーズに飲んで頂くことが期待できそうです。

このような特徴的なカプセルの中には、有用性の高いBB536菌が詰まっています。

BB536菌を150億個配合

BB536

※森永乳業ビフィズス菌研究所hpより

森永ビヒダスBB536には、1日の摂取目安量であ2カプセルあたりにBB536菌が150億個配合されています。

カプセルで守られている150億個のBB536菌が生きて腸に届き、腸内環境を整えるのに役立ちます。

続いて、BB536菌の特徴をご紹介しながら、森永ビヒダスBB536に期待できる効果について見ていきます。

BB536菌の効果とは

森永乳業の研究によって、BB536菌の以下のような作用が検証されています。

  • 便秘・下痢の改善などの整腸作用
  • 便臭の軽減
  • 免疫力の向上
  • 骨の増強
  • コレステロール値の抑制
  • 花粉症などアレルギー症状の緩和
  • 潰瘍性大腸炎の緩和
  • 大腸がんの予防

冒頭でもお伝えしましたが、BB536菌は日本で初めて食品に使用されたビフィズス菌です。

歴史のある菌であるため、開発した森永乳業株式会社によって様々な作用の検証が行われています。

個々の作用については以下の記事で詳しく紹介しているので参考にしてください。

関連記事をチェック!

世界初!初めて食品に利用されたビフィズス菌BB536株

ビフィズス菌を含んだヨーグルトやサプリメントなどの健康食品は数多く販売されていますので、みなさんも一度は手に取ったことがあるのではないでしょうか? 今回ご紹介するビフィズス菌BB536株は、日本...

世界初!初めて食品に利用されたビフィズス菌BB536株

ここでは、整腸作用について簡単にご紹介します。

排便回数が増加した

seityou

※商品公式サhpより

排便作用に関しては、21歳から45歳までの重度の便秘症を除いた、1週間あたりの排便回数が平均2~5回の便秘傾向である男女55名を調査対象に検証が行われています。

検証では、BB536を20億個含む食品と、BB536を含まない食品を2週間ずつ摂取してもらい、それぞれの期間の排便回数を比較しました。

結果は上記のグラフのように、BB536を含む食品を摂取した期間の排便回数のほうが、BB536を含まない食品を摂取した期間の排便回数より平均1.2回多くなりました。

便臭が緩和された

bensyu

※商品公式hpより

便臭の抑制作用に関しては、21歳から42歳までの健常な男女6名を調査対象に検証が行われています。

検証では、BB536を50億個含む食品を2週間摂取してもらい、何も摂取していない時期との便中アンモニア量を比較しました。

結果は上記のグラフのように、BB536を含む食品を2週間摂取した期間のほうが摂取していない期間に比べて、便中アンモニア量が-13.6(μmol/g)少なくなりました。

調査対象者数が少ない点が残念ですが、これらの結果をどの程度評価するかはみなさん次第です。

こうした検証に加えて、森永ビヒダスBB536は公的機関から機能性・安全性に関する認定を受けています。

機能性と安全性の公的認定を取得

kinouseiamerica

※商品公式hpより

森永ビヒダスBB536は消費者庁が管轄する制度である、機能性表示食品の認定を受けています。

機能性表示食品の認定を受けるためには、商品の機能性に関する科学的な根拠や、安全性に関する研究結果の届け出が必要です。

研究については、マウスなどの動物による検証ではなく「ヒト試験」による検証が必要などの制約もあります。

関連記事をチェック!

「機能性表示健康食品」とは

引用:消費者庁資料より 「機能性表示食品」という言葉を聞いたことがありますか? 聞いたことがない人が多くいるであろう、この言葉。 「機能性表示食品」とは一体どんなものなのでしょうか?...

「機能性表示健康食品」とは

また、ビフィズス菌BB536はアメリカのFDA(食品医薬品局)において、安全性が認められた食品だけに与えられるGRAS認定も受けています。

食品として安全、しかも高い機能を持つ商品であるといえるでしょう。

続いて、これらの特徴がある森永ビヒダスBB536を実際に注文してみたので、レビューします。

実際に注文してみた

image2 (3)

「森永ビヒダスBB536」を注文すると以下のものが同封されてきました。

  • ビヒダスBB536サプリ
  • 定期コース申込書
  • ビフィズス菌BB536 紹介冊子
  • 森永乳業健康食品紹介冊子

ビフィズス菌BB536紹介冊子には、商品の説明ではなく、ビフィズス菌の基礎知識やBB536菌の特徴が書かれていました。

関連商品紹介冊子とともに、とてもシンプルで読みやすい印象を受けました。

続いてサプリについてです。

商品の形状

大きさは1cm強くらいで、表面はツルツルしています。

image5 (3)

このように小型のカプセルに乳酸菌の粉末が詰められています。

image6 (2)

カプセルを分解して中の粉末を取り出してみると、予想以上に量が多かったです。

臭いは気になりませんでしたが、粉末はあまり美味しくないです(笑)

せっかくのカプセル効果が損なわれえしまうので、カプセルに入れたまま水で飲みましょう。

飲み方

特別飲みやすいという印象は受けませんでしたが、喉に引っかからずにスルッと飲めました。

1日2カプセルを水と一緒に喉に詰めないように注意して流し込みます。

飲むタイミングについては、毎日の習慣になりやすいタイミングがおすすめだそうです。

原材料

image3 (2)

  • ビフィズス菌末(でんぷん、ビフィズス菌乾燥原末)
  • 乳タンパク消化物/HPMC
  • アルギン酸ナトリウム
  • 炭酸カルシウム
  • リン酸カルシウム
  • カラメル色素

(2カプセル当たりの摂取カロリーは1.5kcal)

商品公式ページより引用

含有乳酸菌

菌種:ビフィズス菌BB536

菌量:150億個(1日の摂取目安2カプセルあたりの菌量)

生菌or死菌:生菌

ここまでサプリメントの特徴をご紹介しましたが、実はBB536を含む商品はサプリメント以外にヨーグルトもあります。

サプリとヨーグルト版を比較

sapyo-

※森永乳業株式会社公式hpより

このような成分が含まれている森永ビヒダスBB536ですが、皆さんもご存知かもしれませんがBB536を含んだ商品はサプリ以外にヨーグルトがあります。

そこでここではBB536菌を摂取する場合に、サプリメントを利用するのとヨーグルトを利用するのにはどのような違いがあるかを見ていきます。

主な違いについて以下の表にまとめましたので、参考にしてください

サプリメント版 ヨーグルト版
価格(1日) 約110円 約53円
菌数(1日) 約150億個 約20億個
カロリー(1日) 1.5kcal 65kcal
取得認定 機能性表示食品 特定保健用食品
商品バラエティー 錠剤型,瓶詰めタイプがある フルーツ味、加糖、無糖など複数種

※ヨーグルトは1日100gの摂取した場合

これを踏まえた上で、森永ビヒダスBB536がはどのような方におすすめなのでしょうか?

関連記事をチェック!

腸内環境を整えるおすすめのヨーグルト

腸内環境を整える上で、ヨーグルトを摂取することはとても効果的です。 しかし、いざヨーグルトを選ぼうとすると、種類が多すぎて迷ってしまうという方はいらっしゃいませんか? また、ヨーグルトであ...

チチヤス 毎朝快調ヨーグルト

こんな人におすすめ

image2 (4)

公式サイトには、「悪玉菌を追い出して腸内環境を良好にしたい方におすすめの商品」と記されています。

BB536菌は長年の研究成果が蓄積されている信頼性の高い菌だといえるでしょう。

言うなればビフィズス菌のド定番です。ですので、ビフィズス菌を意識して摂取したいと思った方が最初に試してみるのにおすすめします。

また、カプセル加工によって腸まで生きて届く可能性が高いので、生菌を摂取したいという方にもおすすめできます。

ヨーグルトに含まれる菌は、カプセル加工がされていない他、サプリには低カロリーで菌を摂取できるというメリットもあります。

一方で注意点としては、以下のことが挙げられます。

注意点

注意点としては、以下のことが挙げられますので気をつけてください。

「森永ビヒダスBB536」の注意点

  • 疾病罹患者、未成年、妊産婦及び授乳婦を対象とした商品ではない
  • 疾病を罹患している場合は、医師又は薬剤師への相談が必要
  • 原材料の一部に「乳」が使用されているので、乳アレルギーの場合は要注意
  • 体質に合わない場合、体調に異変が出る場合もある

これらの注意点には気をつけてください。続いて製造・販売企業について見てみましょう。

森永乳業が製造・販売

morinaga logo

※森永乳業株式会社公式hpより

森永乳業株式会社では、7つの自社研究所を保有し、乳の優れた力を最大限に活用する方法について探っています。

これらの研究所を通して、美味しいだけでなく健康に良い製品を作り続けているのです。

主力商品としては「森永のおいしい牛乳」などの牛乳、「森永マミー」などの飲料、「森永ピノ」などのアイスクリーム、「クラフト切れてるチーズ」やなどのチーズ製品等が挙げられます。

それでは、購入方法や価格について見ていきましょう。

購入方法と価格

image6

商品の値段・一日あたりの価格

送料は通常税込み500円ですが、2種類以上の商品をまとめて購入する場合は無料になります。

定期購入を選択すると10%オフの3,305円(税込み)になります。定期購入時は1袋からでも送料は無料です。

また、「森永乳業健康食品オンラインショップ」ではなく、「森永ビヒダスBB536特設サイト」から注文すると、7日間分のお試しセットが購入できます。

・通常購入の場合

購入方法 価格 1日当たりの価格
1袋 3,670円 139円(送料込み)
2袋 7,340円 約122円(送料無料)
3袋以上 3,495円(1袋当たり) 約117円(送料無料)

・定期購入の場合

購入方法 価格 1日当たりの価格
1袋 3,305円 約110円(送料込み)

・お試しセット購入の場合

2カプセル×7袋 500円(送料込み)

※税込み表示

定期購入時のキャンセル方法

定期購入コースは特に継続月数に関する決まりがありませんので、いつでも休止や解約をすることができます。

次回お届け予定日の10日前までに「森永乳業健康食品オンラインショップ」のお問い合わせフォームにて申請が必要です。

もしくはフリーダイヤル(月から金9:00~18:00)からキャンセルの旨を伝えましょう。

返品と補償サービス

森永ビヒダスBB536は、不良品以外の理由で開封後に返品することはできません。

未開封の状態で返品する場合は、商品到着後7日以内にフリーダイヤル(月から金9:00~18:00)への連絡が必要です。

商品に問題があるときは送料は森永乳業が負担し、購入者の都合によっての返品は購入者が負担でします。

商品に関する質問は、森永乳業株式会社のフリーダイヤル(月から金9:00~18:00)、もしくは公式サイト上の「お問い合わせ窓口」から問い合わせます。

定期コースは・公式サイトが最安値

森永ビヒダスBB536(カプセルタイプ)の定期購入コースがあるのは公式サイトのみです。

Amazonや楽天などでも瓶詰めタイプなどが販売されていますが、定期配送指定で購入すると公式サイトよりも値段が高いです。

ですので、定期コースでの購入を検討している場合は、公式サイトの利用が最安値になります

ビヒダスBB536への口コミ

ビヒダスBB536には以下のような口コミがありました。

Q&A

どのくらい生きて腸に届きますか?

こればかりは、個人差があるためハッキリとお答えすることが出来ません。

しかし、森永ビヒダスBB536については摂取したビフィズス菌が生きたまま便から検出されることが分かっています。

これは菌が死滅せずに腸まで到達していることを示す証拠ですが、逆に腸に定着できていないことも示しているので、継続的な摂取が必要であるということになります。

ビフィダス菌と「ビフィズス菌」の違いは何ですか?

ビフィダス菌とは、BB536菌のことでしょうか?おそらく商品名からビフィダス菌という名前の菌がいると思ってしまったのでしょう。

BB536菌は「ビフィズス菌」の1種です。「ビフィズス菌」とはビフィドバクテリウム属の菌の総称で、腸内の善玉菌の99%を占めているとも言われています。

BB536菌は健康な乳児のお腹から発見された菌で、森永乳業の研究によって様々な作用があることがわかっており、「ビフィズス菌」の中でも有用性の高い菌と言えるでしょう。

ヨーグルト版を摂取するメリット・デメリットを教えて下さい

まず、メリットとしては価格が安いこと、味のバラエティーが豊富なこと、申し込み等の手続きが要らないことなどでしょう。

ヨーグルト版は、1日あたりの価格がサプリより安いです。50円程度の違いしかないとも思えますが、1年間継続摂取すると大きな差になります。

また、ヨーグルト版であれば近所のスーパーやコンビニ等で購入できるうえ、味のバラエティーも豊富です。

一方、デメリットとしては菌量や摂取カロリーなどはサプリのほうが優れているので、このあたりを気にする方はサプリがおすすめです。

まとめ:最初に選ぶサプリとしておすすめ

image1

腸内健康を良好にするためのビフィズス菌食品を探している方には、ビフィズス菌の専門家である森永乳業の森永ビヒダスBB536は最適な商品ということができるでしょう。

小型カプセルですので、喉を詰めやすい方や高齢の方も、注意は必要ですが、他の大型カプセルの商品よりは服用しやすいのもメリットです。

研究に裏付けられた高い安全性と機能性があるうえ、飲みやすい小型カプセルの形状から、最初に選ぶサプリとしてうってつけの商品ではないかと思います。

ただし、サプリメントタイプの乳酸菌としては、1日当たりの価格が100円以上の本商品は高めの値段設定ということができるでしょう。

また、乳酸菌個数が気になる方にとっては、森永ビヒダスBB536は1日当たりの個数が150億個ですので少ないと感じるかもしれません。

このあたりのことを踏まえた上で、興味を持った方はぜひ購入してみてください。

関連記事をチェック!

イチオシ乳酸菌サプリメント

乳酸菌革命 1粒500億個、ヨーグルトの10倍の乳酸菌量 16種類の乳酸菌配合 オリゴ糖や食物繊維・酵母エキスも含まれる 価格 価格/日 菌量/日 飲み...

6187

関連記事をチェック!

乳酸菌の種類でサプリメントを選ぶ

乳酸菌サプリに含まれる菌は多種多様です。しかも菌一つの効果をとってもさまざま。なのでどの菌がどのような働きをしているかを知ることができれば、今後のサプリ選びに役立つはず! そこで、今回は乳酸菌サ...

乳酸菌の種類でサプリメントを選ぶ
サブコンテンツ

すっきりする乳酸菌サプリメント

このページの先頭へ